FC2ブログ
カテゴリーキングの食べ歩き(主にラーメン)の日記です ちなみに緑茶とは一切関係ありません(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【博多ド豚骨 マルシン@愛知県稲沢市】

マルシン

『ラーメン 550円 (ハリガネ)』
場所はココ

口直しに『マルシン@稲沢市』へ
24時過ぎでしたが、そこそこお客は入っていました
この時間は、店員さんが女性ばかりでした
注文を聞きに来た女の子が可愛かったです

ラーメンが来ると同時に、「替え玉 バリカタ」を注文!!
今日のスープは、少し前よりは濃度が出ていますが、開店当初ほどではないです
値段も安いし、ここより高くて、ダメな店は多いですが・・・
「う??ん?」いいものが出せるお店だと思うんですけどね?(^^ゞ

麺は、茹で加減も良かったです
チャーシューもジューシーさがアリ、まずまずの感じ
海苔は「パリッ」として旨い

値段が550円だと(お店的に)キビシイのかな?

採点表の見方
☆スープ(6.5) ☆麺(7) ☆具(6)
☆バランス(6.5) ☆店(8)
☆総合☆ [34 ]
◆営業時間◆
11時30分?14時30(多分!) 18時?AM1時
年中無休(多分!)

マルシン外観
スポンサーサイト
【がんこラーメン十八代目@大阪市難波千日前】
コーンバター1

『塩 えび油 700円+ コーンバター 100円』
場所はココ
ブログはココ
※その他の月のメニューを見たい場合は、「大阪のカテゴリー」を見て下さい


コメント作成中?
普段は、メモを取らないのですが、今回はメモしてきたので
長文になりそうです
よって、2日ほどかかると思います(^^ゞ

と言いつつ・・・金曜日になってしまいました

日曜日は、18時頃に『がんこ』へ行きました
丁度、お客がハケたようで、先客0人、後客2人

そう言えば、書き忘れていましたが、「食券機」が導入されています
さらに、「食器洗い機」も狭いスペースに「神がかり的」に
「スッポリ」とハマっています

以前も一杯のラーメンが出来るまで、時間はかからなかったのですが
敏腕助手さんとの連携プレイにより、さらに早くなっています

『醤油+バター』『塩+バター』どちらも、甲乙つけがたいです
「ファーストインプレッション」は、塩気を強めに感じますが
ダシが出ているので、後に残らず、スープを飲み干しても
塩気が気になりません
塩気だけを強めて、ダシが出ていないラーメンだと
後半、飲みづらいんですが、さすがは、「がんこ直系」だけあります

普段は、テーブルに置いてある「青唐辛子」を入れずに、
スープを飲みきってしまうのですが、今回入れてみると
バターとの相性がバツグンです

麺は、先週土曜日に食べた「これぞ、がんこ的」な感じは
薄れていましたが、それでもハイレベルです
どうやら、最初の20食分ぐらいは、「熟成具合」が良かったようです

チャーシューは、1つは普通に食べ、もう1つはスープに溶かしてみました
麺と絡ませて食べると「ウマイ」

1月は、別にスープを採り、新作を出すとのこと

採点表の見方
☆スープ(8.5 ) ☆麺(8.5 ) ☆具(8.5 )
☆バランス(8.5 ) ☆店(9.5 )
☆総合☆ [43.5 ]
骨が出てたら営業中です。 
昼12時 ?16時  夜17時?22時  休業日「火曜日」
 スープ及び麺、無くなり次第終了です
[最寄り駅]?「地下鉄各線なんば駅」全力疾走で2分
『NGK』の近くです


がんこ外観3

【釜練りとんこつ 野望天@大阪市東淀川区瑞光】
野望天しょうゆ

『醤油とんこつ 600円』
場所はココ

いつも通り、「地下鉄全線乗り放題の一日乗車券」(850円)
を利用したのですが、
『豚一』の後に、行った『野望天』は「一日乗車券」+「片道180円」
かかります
「上新庄駅南口」を出るとスクランブル交差点があるので、
「マック」と「UFJのATM」の間の商店街を歩いて行くと
「東海道新幹線」の高架下が見えるので、そこに沿って
「大隈1」の交差点まで行き、そのまま道なりに歩いてもらうと
お店があります

16時前の訪問で、先客4人、後客0人
この時間帯は、店主さん1人で切り盛りしていました
夜にはバイトさんが来るようです
店内には、大きな寸胴が3つあり、さらに大きな釜が1つ
営業中も、1の寸胴の様子をみたり、2の寸胴に材料を入れたり
しています

「カンロレードル」でかなり真剣に、分量を量ってタレを入れています
「背脂」を雪平で温めてから、ドンブリに振りかけています
一杯のラーメンを作る時の姿を見ていると、まるで「侍」のようです
動きに「キレ」があり、真剣に作っている感じが伝わってきます

スープは、トロミがありますが『豚一』よりは「サラッ」としています
臭みは、ほとんど気にならないレベルです
タレの塩梅がかなりいい感じで、旨みのバランスがいいです

麺は、細麺で加水率低めで、クセがないです
チャーシューはタレが染みており、「シットリ」していて旨いです
キクラゲはデフォルトで、かなりの量が入っています

なかなかの一杯でした
採点表の見方
☆スープ(7.5 ) ☆麺(7 ) ☆具(7.5 )
☆バランス(7.3 ) ☆店(8)
☆総合☆ [37.3 ] ★口びるカピカピ度[6]

◆営業時間◆
11時?23時 (ラストオーダー22時30分) 休業日「日曜日」
[最寄り駅]?「阪急京都線 上新庄駅」(南口)から徒歩15分 

大阪市東淀川区瑞光2-10-24
野望天外観

この後、心斎橋に行き買い物をしていると18時頃に、
「フットボールアワーの後藤さん」が歩いていました(^^ゞ
※Oさんの息子さんのY君へ テレビで見るより後藤さんは格好良かった
 ですよ

さらに、この後梅田に行き、「しゃぶしゃぶ食べ放題」を満喫しました
【久留米らーめん 豚一@大阪市北区中崎】
豚一

『豚一らーめん 700円』
場所はココ

『弥七』のあと、13時15分頃に『豚一』に到着、先客5人、後客0人
「中崎町駅2番出口」を出て、左に歩くとすぐにお店が見えます
店の前に着くと「うわ?年季が入っている?」
お店に入ると「うわ?トンコツの匂いが結構する?」
「失敗したかな?」と思ったのですが、
ラーメンを食べたら、「成功」でした(^◇^)

スープは、兵庫産の「和豚ゲンコツ」を使用で、12年間追い足しているらしい
タレには、「サバ節」「ウルメ節」を使っているようで、
トンコツとの旨みのバランスがよく、旨い!!
店に入った時に気になったトンコツ臭は、皆無と言っていいぐらい
抑えられていて、トロミも濃厚
店主さん曰く、「夜に来てもらえると、さらに濃厚なものが食べられる」とのこと

麺は、中太縮れの熟成麺で、加水率中くらい
スープの持ち上げもよく、デフォルトの麺の硬さもいい感じ

煮豚は、焼き目がついており、香ばしくて、口の中にいれると
「ホロホロッ」と崩れます
肉の旨み、味の染み具合とも良好♪

煮玉子はデフォルトで×2で、黄身がゼリー状で、味が濃厚
お店はお世辞にも、綺麗とは言えませんが(^^ゞ
ラーメンはオススメです

採点表の見方
☆スープ(7.8 ) ☆麺(7.5 ) ☆具(8)
☆バランス(7.8 ) ☆店(7 )
☆総合☆ [38.1 ] ★口びるカピカピ度[7]


◆営業時間◆
11時30分?13時30分  18時?24時  
※日曜日、祝日は夜営業のみ 休業日「なし」
[最寄り駅]?「地下鉄谷町線 中崎町駅」2番出口から徒歩3分
大阪市北区中崎2-1-1

豚一外観
【弥七@ 大阪市北区豊崎】
弥七つけ麺

弥七つけダレ

『つけ麺 800円』
場所はココ

「中津駅1番出口」から出ると公園が見えるので、そこに向かって歩き
公園に突き当たったら、右に曲がり公園に沿って歩き、
角を左に曲がり、公園に沿って30秒ほど歩くとお店の前に着きます

12時30分過ぎの訪問で、先客10人?後客8人? 大盛況です
店内は、テーブル席2つにカウンター4席?
厨房が広く、小奇麗な感じです

店主さんは、ウルトラマン?かと見間違うほどのモヒカンぶり
写真で見るより、若く見えましたね?(^_^.)

動作が機敏で、中央の鍋で、チャーシューを炒めつつ
つけダレを温めたり、つけ麺の麺を冷水で締めています
珍しいなと思ったのが、水?が入っているドンブリに
一度麺を入れてから、水道で麺を締めていました

つけダレは、鶏パイタンベースで、玉ねぎやネギの青い部分
鍋で、炒めたチャーシューが入っています
醤油ダレには、すりおろしたラッキョウが入っているようです
酸味、甘味は控えめで、唐辛子系の辛味は皆無
もう少し、濃度の濃いものを期待していたのですが、
「サラッ」としていました
「和」や「中」ではなく、「洋」という言葉が頭に浮かぶ
「洋風」っぽい感じのつけダレで、非常にクリーミー

麺の上には、大量の「白髪ネギ」が乗っています
3日間寝かせると言う熟成麺は、中太ストレート、加水率やや高め
「モチモチ」しており、クセがなくて美味しいです

チャーシューは炒めて香ばしくなっており、味の染み具合
肉自体の味も非常に良好♪
デフォルトで乗っている煮玉子は、白身も黄身も「プルプル」で
やさしい味わい

スープ割を頼んで、完食!

採点表の見方
☆スープ(7.7 ) ☆麺(8.5 ) ☆具(7.5 )
☆バランス(7.7 ) ☆店(8 )
☆総合☆ [39.4 ]
※前後に食べたお店と比較して、細かい点数をつけました

◆営業時間◆
11時?14時  17時30分?22時  ※(土曜日)11時?14時
休業日「日曜日、祝日」
[最寄り駅]?「地下鉄御堂筋線 中津駅」1番出口から徒歩5分
※徒歩何分というのは、身長179cmの自分が歩いて測った
 大まかな数値です

大阪市北区豊崎3-4?8
弥七外観
大阪遠征中

日曜日に帰ってきます


【そこのら?麺屋@名古屋市千種区内山】
そこのてっこり

『てっこり味 650円』
場所はココ
タイガーマスクになりたい方はココ

20時30分頃訪問、先客4人?後客4人?
店内は、カウンター席のみで、かなり縦長でL字になっています
入り口から近い、茹で釜に一番近い場所に座りました

写真を撮っていいか尋ねると、助っ人?の方から
「みんな無断で撮るのに、珍しい」と言われました(^^ゞ
自分のラーメンに自身があるお店だと快くOKを出してくれますね

この助っ人?さんタダモノじゃない感じがします
平ざるでの麺上げが鮮やかです

自分のラーメンが出来てから、次の人のラーメンを作り始めたので
聞きそびれたのですが
スープは、トンコツベース??、豆乳入り?で、タレに「トマト」を
すりつぶして入れているのかな?
トッピングの「トマト」だけでは、スープにまろやかな酸味が
出るとは思えないし
不思議な感じのスープですが、かなり飲ませる力があります

麺は、中太ストレート、加水率やや低めで茹で加減は「アルデンテ」
かなり自分好みの旨い麺です
しいて言えば、『紅@昭和区』の麺を硬めに茹でた感じ

チャーシューは分厚く、味が染みこんでいて美味しい
角切りにされた「トマト」がトッピングされており、
甘味と酸味が加味されて味に変化を与えています

他のメニューにも期待が持てるラーメンでした
お昼は、サラリーマンが多いため、13時までは、平打ちの麺を
使っているそうです

採点表の見方
☆スープ(7 ) ☆麺(8 ) ☆具(7.5 )
☆バランス(7.5 ) ☆店(7.5 )
☆総合☆ [37.5 ]

◆営業時間◆
11時?14時? 18時?22時??(再度確認してきます)

そこの外観

【中村屋@岐阜県大垣市】
味噌

『みそら?めん 800円』

場所はココ
『通常のつけ麺はココ』    『濃度がある時の中華そば』

夜2軒目は、久しぶりの『中村屋@大垣』へ
21時30過ぎの訪問で、店内は満員です♪ 外人さんもいました(^^ゞ

みなさんお待ちかねの「みそら?めん」の登場です
えっ?パイタンはどうしたの?って?
そんなことを聞いてはいけません(笑)
店主さんも完全復帰しておられました(^◇^)

運ばれてきたラーメンからは「フワッ」と魚介の香りが漂います
スープを一口飲むと、味噌で魚介が抑えられています(^^ゞ
味噌は甘味よりも辛味がやや立ちます
動物系のトロミと味噌が相まって、「味噌コーンポタージュ」のよう

麺は中太縮れ麺で、加水率やや高めで「モチモチ」しています
スープに粘度があることもあり、よく絡みます

豚肉、キャベツ、玉ねぎ、ニンジン、もやし、コーンが乗っています
玉ねぎやニンジンはいいものを使わないと「エグミ」が出やすいですが
「エグミ」は一切なく、野菜とスープの相性もいいです

魚介が立った、中村屋らしさは薄れていますが、
美味しい味噌ラーメンです
『ひかり@柳津』で「つけ麺」を食べた後でも、
「サラッ」と食べることが出来ました

採点表の見方
☆スープ(8) ☆麺(8) ☆具(8)
☆バランス(8) ☆店(8)
☆総合☆ [40 ]

◆営業時間◆
11時?14時  19時?25時

中村屋店外観


【麺坊炗(めんのぼうひかり)@岐阜県羽島郡柳津町5-8】
光辛味噌つけ麺

ひかり辛味噌つけダレ

『ピリ辛味噌つけ麺 850円』※毎週月曜日夕方限定メニュー

場所はココ

新メニュープラス、オペレーションの安定を確かめるのも兼ねて
20時30分頃行って来ました 先客0人、後客0人
※ブログの便宜上、日曜日分でUPしています

外観に変化が起きていました
以前は、前面くもりガラスでしたが、くもりガラスと通常のガラスが
二等辺三角形状に切り取られています
これで、中の様子が見やすくなりましたね

お客が他にいなかったからなのか、慣れたからなのかは分かりませんが
今日は、オペレーションが安定していました

まず、見た目が非常に鮮やかで、芸術的でもあります
接客もホスト的で好印象です
キャバクラ的ならもっといいのですが(笑)

つけだれは、やや少なく、すぐにヌルくなるのが難点ですが、
味は、甘辛く、辛味の中から旨みがこみ上げてきます
「揚げネギ」を入れると、味がまろやかになるところも計算されています

麺は、中太(やや細い寄り)で、「モチモチ」としており、
「コシ」もあり、美味しいです

特に、好印象だったのが、チャーシュー?です
スモークでもしたような感じで、味がよく染みており、旨みも濃厚
かなりの絶品です

煮玉子は、黄身がゼリー状で、やさしい味付け
メンマ、ホウレンソウとも丁寧に下処理されています
スープ割をすると魚介の風味が立ちました

ドンブリの底には、水切りが敷かれていました
さらに、つけダレの味見もしていました
※こういう細かい配慮に好感が持てます

これだけのクオリティーを見せてくれるなら、ガソリン代をかけて
行っても満足です
ちなみに、『中村屋@大垣』との連食で、往復のガソリン代は
1800円ほどでした(^◇^)ハハハハ??!!

採点表の見方
☆スープ(7.5 ) ☆麺(8 ) ☆具(8.5 )
☆バランス(7.5 ) ☆店(8.5 )
☆総合☆ [40 ]

◆営業時間◆
11時?14時30分  17時30分?21時 休業日「水曜日」
炗外観

あちゃ?!!看板を撮ってくるのを忘れた??(^^ゞ
【カドヤ食堂@大阪市鶴見区鶴見】
カドヤ食堂つけダレ

カドヤ食堂つけ麺

『特製つけそば(大盛り)850円』

場所はココ

知り合い4人と17時過ぎに訪問 先客2人、後客0人
ここは、以前は食堂だったところをラーメン店に改装したそうで、
中に入ると食堂の雰囲気が残っています

「淡海地鶏(滋賀)」「名古屋コーチン」「白金豚(岩手)」
「イワシ焼干し(青森)」「燻製サンマ節(気仙沼)」
「真昆布(道南)」などの国産の食材が使われているようです

つけダレは、酸味、甘味、辛味は控えめで、タレがやや強め
(魚介と比べると)動物系がやや強めですが、それほど出ておらず、
魚介も控えめ、ラーメンのスープならいいかもしれませんが、
つけダレとしては、ややパンチ不足(^^ゞ
スープ割りもしたのですが、魚介の風味が立つこともなく
ややもの足りなさが、「じわっ?」とした味わいはあるのですが・・
関東のつけ麺を食べ慣れているとやや採点が厳しくなってしまいます

麺は、平打ち縮れ太麺、加水率やや高めで、「ハルヨコイの玄麦」を
使用しているようで、麺がかなり美味しい(^◇^)
「プルプル」「モチモチ」の食感が心地いいです
※大盛りはかなりの量があります
 同行者は、通常サイズを注文しましたが、十分な量があります
 どんぶりの底に、水切りを置くなど、細かい配慮がされています

つけダレの中には、分厚いチャーシューが2枚入っており、
肉の食感が残っていて、やや硬めなのですが、肉の旨み、味つけともに
絶妙です!!

メンマはしっかりと下処理がされており、味付けも良好
ここは、ネギの切り方が独特で、「親子丼」に入れるネギのように
大きめに切って、入れています

ラーメン再食の必要があるかな?(^^ゞ

採点表の見方
☆スープ(7 ) ☆麺(9 ) ☆具(7.5 )
☆バランス(7.5 ) ☆店(7.5 )
☆総合☆ [38.5 ]

◆営業時間◆
11時30分?15時 18時?20時30分
※(土日祝日)11時30分?19時 休業日「月曜日、第3火曜日」
[最寄り駅]?「地下鉄 長堀鶴見緑地線 今福鶴見駅[3]出口
        徒歩3分」
大阪市鶴見区鶴見4-1-18
カドヤ食堂外観
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。