カテゴリーキングの食べ歩き(主にラーメン)の日記です ちなみに緑茶とは一切関係ありません(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【麺屋三郎@名古屋市中区栄2丁目5-1 ※ローソンのあるビルの地下一階】
ドロ沼つけ麺
『ドロ沼つけ麺 800円』☆好み度(7.8)


塩らぅめん 
『塩らぅめん 700円』☆好み度(7.7)
『場所はココ』 

今日の一言、「期待が持てるあっさり系新店!」

いろいろと改善するべき所はあると思うが、ベースのスープの出来がいいので期待出来る。
「淡麗系」ではなく、「あっさり系」と書いているのは、気になったことがあるからなんだけど、
それは後日書きます。

◆営業時間◆
11時30分?15時   17時30分?22時30分 休業日「日曜日、祝日」

[最寄り駅]?[ 「伏見 駅」 から 5分]

名古屋市中区栄2丁目5-1 ※ローソンのあるビルの地下一階
麺屋三郎外観







OPENして3日目?4日目?だったからなのか?夜の訪問で、先客後客共にゼロ。

お店はローソンのあるビルの地下一階にあり、北側と東側、どちらからでも入れます。
以前は牛タンの店だった記憶があるのですが、店内は狭く厨房や客席スペ?スも狭いです。

店内のポップには厳選素材を使っていますとの説明書きや、限定メニューを週替わりで出します等と書かれていて
フリークなら食いつきそうな要素があります。

「淡麗系」と書かれていたので、期待して待っていると随分と小さい器でラーメンが提供されました。
器が小さくて麺が泳がないので、食べにくさがあります。
スープ自体は魚介が効いていて、「池下時代の慈庵」を思わせる丁寧な仕事振りが伺えます。
「淡麗系」のキレという点では、表面の油がやや重たく「スッキリさ」に欠けるかと思いました。

麺は加水率があまり高くなく、ゴワッとしていて、このスープとの相性はいいとは言えません。
もう少し滑らかな麺を使ったほうがいいかな。

チャーシューはバラが3つで、肉の匂いが気になったのと、肉汁が抜け気味なのが気になりました。

メンマは極太のものがドカッと入り、味も大変良くて丁寧な仕事ぶりが伺えます。
このメンマなら増量したいですね。

あと「淡麗系」という香りを重視するタイプのラーメンを看板に掲げているにも係わらず、
「禁煙店」でないのは気になりました。
店舗が狭くて誰か1人でもタバコを吸えば、他のお客に煙が流れて繊細な香りがかき消されるというのに、
「禁煙店」にしていないのは疑問です。

ベースのスープが良く期待が出来る新店なので、頑張ってもらいたいものです。

『ドロ沼つけ麺 』

この日は「ドロ沼つけ麺」が提供されていたので食べてみました。

つけダレは確かに高粘度ですが、髄の粘度ではなく、ジャガイモなどのデンプン質な感じです。
重たさはないのですが、わたアメを食べている感じというか「スカッ」と抜けた感じがあります。
「スープ割り」してもらったほうが、むしろ合うような感じがしました。

麺は極太で、「コシ」があるというより硬いです。
「低反発まくら」というか、「すいとん」の生地を麺状に伸ばしたみたいというか、

この日食べたチャーシューは、肉の匂いも気にならず、肉汁の具合も良かったです。
メンマは相変わらず美味しかったです。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://katekin716.blog8.fc2.com/tb.php/902-431edffe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。