カテゴリーキングの食べ歩き(主にラーメン)の日記です ちなみに緑茶とは一切関係ありません(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【本枯中華そば 魚雷@東京都文京区小石川1-8-6】
本枯中華そば 
具
『本枯中華そば 700円』
『場所はココ』 

今日の一言、「サイフォンからの香りを忘れられず、再訪問したくなる一杯♪」

◆営業時間◆ ★禁煙店 ☆好み度(9.3)☆演出(9.5)
 11時?15時  18時?23時  休業日「水曜日」

[最寄り駅]?[大江戸線、三田線 「春日 駅」 A5出口から 2分]

東京都文京区小石川1-8-6
魚雷外観






あの「はんつ遠藤さん」も上半期印象に残ったお店として紹介しているこちらのお店。
「信濃神麺 烈士洵名」の塚田氏の手によるものだそうです。

「烈士洵名」は2004年の年末に食べたきりなので、連食しようかと思ったが、
この日は暑すぎて水分を採りすぎていた為に、新店の「魚雷」だけにしておきました。

事前情報で「サイフォン」を使ったラーメンということは聞いていたので、
「cafe」をイメージしていたのですが、外観は魚雷がデカデカと飾られています。
店内はテーブル席とカウンターがありますが、結構狭いです。

カウンターに座ると噂の「サイフォン」が並んでいるのが見えます。

サイフォン

お店にある説明文から引用させてもらうと、
「全ての食材の命を感じながら心を込めて作る事」と書かれています。

その他にも「スープ」や「麺」などについても細かく書かれていますが、
長くなるので割愛。

具材は下の表にある中から3種類選べるということで、
「炭火焼豚」「姫たけ」「メンマ」を注文。

具材表


「スープ」の表面には、煮干しと鰹節から作った「エスプーマ」が浮いていますが、
これがかかっていない所のスープを飲むと、「本枯節」の芳醇な香りが口いっぱいに広がり、
鼻から脳天に突き抜けていきます。
動物系のコクもあり、魚介の強烈なインパクトもあります。
それでいて「スッキリ」としていて、まとまり感もあり「記憶に残る味」ですね。

麺は「更級蕎麦」のような雰囲気で、この魚介強めのスープとよく合っています。

「炭火焼豚」はスープに影響するといけないので、ある程度食べてから少し浸すようにして食べたのですが、
炭火臭いということもなく、適度な香ばしさがあり、ラーメン店だとチャーシュー=煮豚が多いのですが、
これは文字通り「焼豚」ですね。
肉汁がしっかりと閉じ込められていて、兎に角肉が旨い。

「姫たけ」「メンマ」はやや味が濃かったかな。

店員の接客もいいし、こだわりが味にしっかりと表れていて再訪したいと思いました。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
狙い目
◆○○○○さん
拍手ありがとうございます。
意外に空いているので、狙い目ですよ。
2010/07/19(月) 18:39 | URL | @カテゴリーキング #nQriN1oY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://katekin716.blog8.fc2.com/tb.php/909-e3b7b514
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。