カテゴリーキングの食べ歩き(主にラーメン)の日記です ちなみに緑茶とは一切関係ありません(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【ラーメン大至(だいし)@東京都文京区湯島2-1-2】
ラーメン
『ラーメン 650円』
『場所はココ』 

今日の一言、「仕事帰りにふらっと食べたくなる一杯」

◆営業時間◆ ★禁煙店 ☆好み度(7.9)
 11時?15時  17時?20時45分
「土曜日」11時?15時  休業日「日、祝」

[最寄り駅]?[ 「御茶ノ水 駅」 から 6分]

東京都文京区湯島2-1-2
ラーメン大至外観






お店の外観は昔ながらのラーメン屋。
内装も昔ながらのラーメン屋です。

出てきたラーメンはチャーシューを除けば、見た目も昔ながらのラーメンです。

見た目は「昔ながらのラーメン」ですが、中身が違うと言われるこちらのラーメン。
自分で料理を作らない人や様々な店で食べ歩きをしていない人だと、透き通ったスープ=鶏がらとか
豚骨=白濁したスープというイメージを持たれている方が結構いますが、昔ながらのラーメンでも豚骨、鶏ガラ使用のお店はたくさんあります。

こちらのお店も見た目は透き通ったスープですが、白濁させない温度で調理しているわけではなく、
一度白濁させてから鶏ミンチで濁りを採っているので、コクがありながらスープは透き通っています。
どこかしら「昔ながら」の風味も感じますが、この風味はないほうが好みです。

麺は中太で「日清の傾奇者」を使った「浅草開化楼 負死鳥カラス氏」によるものだそうです。
事前の予備知識には関係なく、食べた瞬間に「旨い」と感じる麺です。
喉越しや噛んだ時の風味が絶妙ですね。

チャーシューは2種類で、「ラードコンフィ」という低温の脂で調理をしたものだそうです。
一つは旨味もあって柔らかさもあり旨いですね。もう一つは旨さはあるがちょっと固い(^^ゞ

煮玉子はゆで卵っぽい、メンマは昔ながらのメンマ。
あえて「昔ながら」を意識しているのかもしれませんが、より旨い方向を目指して欲しいかな。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://katekin716.blog8.fc2.com/tb.php/921-1385c7eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。