カテゴリーキングの食べ歩き(主にラーメン)の日記です ちなみに緑茶とは一切関係ありません(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【つけ麺 五ノ神製作所@東京都渋谷区千駄ヶ谷5-33-16】
海老とまとつけ麺
『海老とまとつけ麺 850円』
※麺小盛り(180グラム)にした為、味玉をトッピングしています。
『場所はココ』 

今日の一言、「海老とトマトの強力タッグ!新感覚つけ麺!!」



◆営業時間◆ ★禁煙店 ☆好み度(9)
11時~15時  17時~21時 土曜日[11時~21時] 休業日「日曜日」

[最寄り駅]-[ 丸ノ内線「新宿三丁目 駅」 E8から 1分]

東京都渋谷区千駄ヶ谷5-33-16
五ノ神製作所外観






羽村の「いつ樹」のセカンドブランドで、海老を使った「つけ麺専門店」とのことです。
新宿で久しぶりに再開した友人と昼ごはんを食べようということになり、平日だし混んでいないと思い
12時30分頃にこちらのお店へ向かいました。

友人も初めて行くということで、ナビを頼りに向かうと、「タイムズスクエア」の近くということで、
「やけに好立地に作ったな~」と思っていたら、有り得ない方向にナビが案内してくれました(^^ゞ

大きな海老のオブジェが飾られたお店の外観は意外に質素です。
店内は満席で外待ち2人でしたが、自分達が店に入る頃にはさらに行列が延びていました。

店内はカウンターのみですが、厨房がラーメン屋としては変わっていて、高い位置に店員が横に並んで
調理するスタイルになっていて、お客から調理の様子を見られるのを意識した造りです。

調理は3人でこなしており、提供スピード自体は遅くはないがデフォで量が多い為に、
お客側の問題で回転が悪いように思いました。

麺を小盛りにすると味玉or海苔orチャーシュートッピが可能とのことで、
味玉が食べたかったので小盛りにしました。

デフォは大盛りだと飽きると聞いていたので、トマトの酸味で飽きなく食べられそうな
「海老とまとつけ麺」を注文。

つけダレの器は何か温度を保てる素材なのか?「アツアツ」の状態で提供され、麺180グラムを食べ終えた時にも
冷めることはありませんでした。
つけダレは「アツアツ」で麺は「ヒエヒエ」、この「ひやあつ」状態で出すお店は意外と少ないだけに
この段階で好感が持てました。

蕎麦のように色づいた全粒粉入りの太麺を「ドップリ」とつけダレに付ければ、外で待っていた時から香っていた
海老の香りが「ブワッ」と漂い、濃厚な動物系の「コク」とトマトの爽やかな酸味がベストマッチ♪
「これは旨いわ♪」

麺は「コシ」と「モチッ」とした食感があり、麺自体も旨い。

焼いたトマトが爽やかさを与え、鶏と豚の2種類のチャーシューは食べ応え十分。
三角形のメンマは「ゴリゴリ」とした食感で噛むのが楽しい。
トッピの味玉は黄身の旨味が濃厚で、黄身はゼリー状。

「ジェノバソース」を絡めて食べれば、「バジル」の香りで更なる味変が楽しめます。
麺の上に載ったフランスパンをつけダレに付けて食べると、これがまた良く合う。

「スープ割り」を頼むと「ジェノバソース」を足して出してくれて、和とイタリアンが合わさった
スープ料理を堪能できます。

7月は「らーナビ限定」も出すようなので、これは再訪したいですね♪


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://katekin716.blog8.fc2.com/tb.php/967-a288fba9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。