カテゴリーキングの食べ歩き(主にラーメン)の日記です ちなみに緑茶とは一切関係ありません(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【ふわふわ(一条流がんこラーメン 総本家) @東京都新宿区舟町4-1 】
家元牛骨ラーメンあっさり
『牛骨正油ラーメン(アッサリ) 780円』
『場所はココ』 

今日の一言、「旨いが、やっぱりショッパイ!!」


◆営業時間◆ ★禁煙店 ☆好み度(8.3)
11時30分~21時  
「土、日、祝日」12時~17時  休業日「月曜日」

[最寄り駅]-[ 「四谷三丁目駅」 4番から 3分]

東京都新宿区舟町4-1 メゾンド四谷106
ふわふわ外観









ラーメン食べ歩きをしていて、知らない人はいないと思われる「がんこ系」。
東海地区の方には馴染みが薄いかと思いますが、名前だけは聞いたことがあるのではないでしょうか?

「がんこ系」の創業者である家元が新たなお店を出したということで、
平日の16時頃に行けるチャンスがあったので伺いました。

家元のラーメンを最後に食べたのは恐らく2004年春頃。
「覆麺」は去年出張中に伺ったが長蛇の行列だった為、泣く泣く断念した苦い思い出があります。

「四谷三丁目駅」を出てナビを確認すると、大体の位置が判ったのでナビを仕舞い歩いて行くと・・・
見つかりません( ´_ゝ`)
今度はナビを起動させて音声案内に従って歩いていきましたが、またもや見つかりません( ´_ゝ`)

ナビを拡大表示してじっくりと見て、まわりの様子と照らし合わせ周辺を歩いてみると、
牛骨の絵が描かれた看板がありました♪
(分かりにくい~~( ´_ゝ`))
入り口には「牛頭骨」と「ふわふわ」の文字が見えます。

店内は座敷もあり居酒屋の居抜きっぽいです。

本当は「ふわふわ」の看板メニューである「辛メン」を食べようと思っていたのだが、
「牛骨正油ラーメン」があったので、こちらを注文。

デフォで200グラムある麺は、がんこ系でお馴染みの「サッポロめんフーズ」のもの。
スープだけを飲むと正直しょっぱいが、麺と絡めて食べるとやや塩気を強く感じるものの
スープの持ち上げが良く、重層的なスープのお陰で塩気が気にならなくなってきます。
これでスープに厚みがないとただしょっぱいだけのラーメンになるが、200グラムの麺をあっという間に
食べさせる不思議な力があります。

客から「しょっぱい」と言われて味を変えていたら、「がんこ系」というお店は今、存続していないでしょうね。
個人店が潰れた時に責任を取るのは誰かと言ったら、店主以外にいないんだから、
店主が旨いと思うものを出すしかないでしょうね。
客の好みなんて千差万別なんだから、それに合わせていたら、この手の個人店はやっていけません。

肉の旨味がぎっしり詰まったホロホロチャ-シューを、麺に絡めて食べてニンマリ。
メンマと麺を絡めて食べて、またニンマリ。

ショッパイけれど懐かしい味でした(^^ゞ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://katekin716.blog8.fc2.com/tb.php/972-921eb749
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。