カテゴリーキングの食べ歩き(主にラーメン)の日記です ちなみに緑茶とは一切関係ありません(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【麺坊炗ひかり(めんのぼうひかり)@岐阜県岐阜市柳津町蓮華5-8】
豚つけめん
『豚つけ麺 800円+チャーシュー100円』
『場所はココ』     『お店のHP』

今日の一言、「豚骨魚介に飽きたらコレ!チャーシュー激旨!!」


◆営業時間◆ ★禁煙店 ☆好み度(8.8)
11時~14時 18時~21時 休業日「水曜日」「火曜日」

[最寄り駅][名鉄竹鼻線 「 西笠松駅」 から 10分]

岐阜県岐阜市柳津町蓮華5-8
炗外観

ひかり看板

※お店の外観を目印にするより、看板を目標にしたほうが
 探しやすいです








最近、「DAIGO」に似てきたと言われる岐阜の天才のお店です。
東海地区、最速でラーメンを作る「Valentino Rossi」のような男でもあります。

新店や既存店でも新メニューとして「つけ麺」を出す時に、「豚骨魚介」を出す割合が高くなっています。
同じ「豚骨魚介」でも豚骨の濃度や魚介の利かせ方、タレやその他の食材により千差万別ですが、
豚バラと斜め切りのネギがタップリと入ったつけダレは、鴨南蛮蕎麦のような感覚で食べられます。
麺は中太で「モチモチ」。水切り用の「竹すのこ」を使っているので、水切りもバッチリ。

海苔は香ばしいし、「スープ割り」をすると、しみじみと染み入るスープを味わえます。

こちらのお店で特筆すべきはこのチャーシュー。
よくチャーシューを語る時に、肉汁が詰まっているとか旨味が抜けているとか表現しますが、
東海地区では雑誌やテレビに出る店でも、旨味が抜けているお店が結構あったりします。
しかし、このチャーシューは旨味が抜けることなく肉汁がギッシリと詰まっています。

提供前に炙って肉を温めているのも、さらに肉の旨さを引き出しています。

「がんこ系」の「ホロホロチャーシュー」なんかは、スープの熱で「スーッ」と溶けていきますが、
厚みがあるものは提供前に温める一手間を加えるかどうかで差が出ますね。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
死ぬほど食べたいっ!
ラーメン離れが激しいpapinですが、ひかりさんは、死ぬほど食べたいです!
上の写真を見ただけで、ヨダレだっらだらです。
ここの炙りチャーシューは、ミラクルですね。三色丼も食べましたが、身も心もとろけました。細部まで手を抜かない店主は、仰るとおり天才。ラーメン界のイチローでしょうか?

がんこで、ビールにアテにチャーシューのみを頼んだとき、「このチャーシュはスープを吸うと旨いが、そのままだとイマイチだからダメ」と店主が言い、メンマが出されましたw
客に迎合しないところが、ツボです。
2011/07/06(水) 17:56 | URL | papin #Qm4Ue6pY[ 編集]
炙りもいいけどホロホロもね♪
◆papinさんへ
ご無沙汰しております。
コメントありがとうございます。

やはりチャーシューは具財の中の花形選手だけに、手間がかけてあると嬉しくなりますね。
イチローのようにストイックに旨さを追求する姿勢がありますね。

がんこのチャーシューはスープと麺と絡ませて食べると最高ですね♪

>客に迎合しないところが、ツボです。

お客に最良の状態で食べてもらいたいという「がんこ精神」ですね。
2011/07/07(木) 00:47 | URL | @カテゴリーキング #nQriN1oY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://katekin716.blog8.fc2.com/tb.php/979-b9747f41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。