カテゴリーキングの食べ歩き(主にラーメン)の日記です ちなみに緑茶とは一切関係ありません(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【豚骨 大岩亭@愛知県安城市緑町1-16-9】
チャーシューメン
『チャーシューメン(コッテリ) 800円』
『場所はココ』 

今日の一言、「接客がかなり良いから言いにくいが、濃厚系のお店が一度は陥る迷宮に今いる感じ」


◆営業時間◆☆好み度(7.7)
 11時~14時  17時~21時 休業日「日曜日」

[最寄り駅]-[「東刈谷駅」 1番出口から 11分]

愛知県安城市緑町1-16-9
大岩亭外観









お店の外観は情報がなければ、絶対に入らないような手作り感満載です(^^ゞ
バックで車を停めてドアを開けると、入り口にはホテルのドアマンのようにスタンバイしている
スタッフがいました(^^ゞ
こちらのお店には2回伺っていますが、2回目は店主自らがドアでお出迎えしてくれました(^^ゞ

店内は喫茶店のモロ居抜きです。
インベーダーゲームとかが置いてあっても違和感はありません。
こちらのお店1回目は店主と従業員1人で、2回目は店主1人でしたがカウンターがなくテーブル席のみです。

初期投資は掛かるかもしれないけど、このお店はカウンターメインでテーブル席は少なくしたほうがいいでしょうね。
少ない人数で営業するには効率が悪いです。
しかもこちらのお店、注文を取りに来るのが早いし水も持って来てくれます。
券売機制でもありません。
券売機制、水、おしぼりセルフで横柄な態度のお店には、ここの接客を見習ってもらいたいものです。

店員からの丁寧な説明を受けて、「チャーシューメン(コッテリ)」を注文。

少し眠かったので「ウトウト」していると、突然「ハイッーー!!」という麺上げの声で驚きました(汗)

スープはかなり緑がかっています。
麺を持ち上げるとかなり絡み付いてきて、スープというより「ルー」に近いです。
中太のちぢれ麺をすすると、確かに豚骨の濃度と粘度が出ていますが、粘度は豚骨だけでなく
「昆布」からの粘りも出ていますね。
生姜なども使われていて豚骨の臭みは抑えられていますが、代わりに昆布の「海藻臭さ」が出ているのが気になりました。
豚骨を扱うお店の方や、数多くの濃厚系のお店で食べ歩いている方とも話しをしますが、
濃厚系を常に扱っていると(作り手は)濃厚さを感じにくくなって、より濃厚にしなくてはと思うことがあるそうです。
濃厚さを出したいのは分かりますが、昆布を直接大量に投入して長時間煮込むと、
どうしても海藻臭さが出てしまいますね。

チャーシューは大振りで厚みもある、柔らかくて肉の味を味わえる旨いものです。

昆布の量や扱い方を変えたら、更に良くなりそうな気がしました。



辛いラーメン
『辛いラーメン(コッテリ) 650円(チョイ辛仕様)』☆好み度(7.7)


「HASHさん」のLIVE前に2度目の訪問。
日曜日の17時30分過ぎの訪問でしたが、先客、後客ともにゼロでした(^^ゞ

あまりに辛くすると味が分からなくなるので、「チョイ辛」にしてもらいましたが、
濃厚さと辛さが絡むと旨いですね。
この日もやはり海藻臭さが気になりましたが(^^ゞ


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://katekin716.blog8.fc2.com/tb.php/983-450dd68c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。