カテゴリーキングの食べ歩き(主にラーメン)の日記です ちなみに緑茶とは一切関係ありません(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【自家製麺 ほうきぼし@東京都北区志茂1-10-1 】
汁なし坦々麺
『汁なし坦々麺 880円』
※スープ付き
『場所はココ』 

今日の一言、「大人がシビれる坦々麺!!未成年は保護者同伴で(笑)」


◆営業時間◆ ★禁煙店 ☆好み度(8.2)
「火、水、木」11時~15時
「金、土」11時~15時  17時~20時
「日」 11時~15時
休業日「月曜日、祝日」

2011年9月21日~9月27日までお休みです。

[最寄り駅]-[ 「志茂 駅」 2番出口から 8分]

東京都北区志茂1-10-1
ほうきぼし外観








「大つけ麺博」に出るということなので、その前に訪問。
幸いテレビや雑誌で紹介される前に伺ったので、平日の14時近くということもあり空いていました。
お客さんもご近所さんで店長の母親の知り合いのようでした。

店内は居酒屋の居抜きというより、夜は居酒屋として営業していそうな感じで、
焼酎などが置かれていました。

お店に大きな看板がなく駅から距離もあるので、分かり易く説明すると。
2番出口から出て右手に進み道なりにひたすら歩き、清掃場を超えたら右に曲がり、
ひたすら真っ直ぐ歩くと公園の前にお店があります。

OPENして半年で「大つけ麺博」に出るということで、「資本系」が絡んでいるかと思ったのですが、
資本系が売り上げの管理をするのに都合の良い「券売機」がなく、店の雰囲気から個人店っぽいです。

店長は18歳とのことだが、まだ高校生ぐらいに見える女の子です。
しかもかなり可愛い。
店長というのは飾りで実際は母親が作っているかと思っていたのですが、18歳の店長がラーメンを作っていました。


結構辛いという話しを聞いていたので、辛さ控えめで注文。
「汁なし坦々麺」というと量が少ないお店が多いのと、若い女性店長のイメージから小さな器で出てくる
かと思ったら、かなり大きな器で量も多くてビックリ!!
麺の量も茹でる前で200グラムはありそうな感じです。

辛さは控えめにしてもらったので、それほどではないが「シビレ」が凄い。
単純な辛さだけではなく香りが高く、香辛料が複雑に絡み合います。
麺は自家製麺とのことですが、「汁なし坦々麺系」では見たことが無いような太い麺です。
この麺が粉が「ギッシリ」と詰まっていて、それでいて「モチモチ」としていてかなり旨い。
これは「つけ麺」でも食べてみたいですね。

揚げ麺の「パリパリ感」や、ニンニクチップ、やや甘さのある肉味噌で味の変化もあります。

自分には「シビレ」がやや強かったので、そのことを伝えると母上様が卵の黄身をサービスしてくれました。
卵の黄身を混ぜると「シビレ」が抑えられてマイルドに食べられますね。

これ以外に「スープ」が付くのですが、値段が880円ということであと一歩満足度を高める工夫か、
780円にしてくれるとありがたいですね。

親子2人で一生懸命働いているのが窺える良いお店でした。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://katekin716.blog8.fc2.com/tb.php/986-7d90139b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。